我が家のテレビは小さい

地デジになってから
勝手に抵抗してました
相棒がTV見てるとき私はPC
でも気になると振り向いて見ます

相棒は作りもしないのに料理番組も
かなり真剣に見てます
(作ってみればいいのに)
普段はスローなのに両手にリモコンで
CMの間に素早い動き

殆どは録画再生らしい
よそで古いTVネタで恥をかく
お願いだから
「只今〇年〇月の録画再生中」って
プレートを置いて欲しい

ラジオでしか知らなかった
石丸幹二さんと石丸寛さんが
私の頭の中でミックスされ
テレビで・・・アラッ若いのね

時々相棒が留守でも見たいとき
電源を押しても映らない
リモコン操作が覚えられない
みんなに「こんなの覚えるとかの
問題じゃない」と言われるけど
興味がなかったのでね

これからはテレビも見ようか
でもね我が家のテレビは
年寄向きではないのです
かぶりつきじゃないと見難い
小さいのです

大きい画面で見たいけど
置くところがないので仕方ない
物置化してるピアノが邪魔です

リハビリ切られそう

昨日の医師から「もう少し軟らかくなったら
手首の手術をしましょう」と言いつつ
「リハビリは作業療法士のいる医院に
紹介状を書くから探しておいて」だって
本当は4月で切られるところだったのを
5月までお許しが出たのでした

今日のリハ診察医師は
「リハビリ科が見つかるまでね」
延長してもらえることになった

力をつける訓練は生活の中で出来るけど
軟らかさは手を添えてもらわないと
お風呂の中で動かす位しか出来ない

かかりつけ医 紹介コーナーは
相変わらず何も分かっていない
医療なんとかのネットワークで
マウスで探してるだけで
OTが居るかどうか情報ナシ

こんなでは自分で検索しても同じ
午前中の診察とリハビリで帰宅し
午後に出直して行ったのに収穫ナシ

2年前にもT夫妻のことで
このコーナーの担当者に
腹を立ててたわ
PC検索できる人なら
誰でも務まる仕事です
それ以外の情報ゼロなんですから
怒りは抑えて心にもないセリフ
「ありがとうございました」

帰りに教務課に寄って
25日着と記された返信葉書を
直接手渡し配達してきた
書けるようになったらと放っていた
小さい文字は難しいので
パソコンで書いた

夢のあとみたい

今回は塩山での二日間の出来事が
沢山あって夢のあとのような感覚です

K子さんとY子さんにお礼のメール
何度もお互いに往復

T田君のブルースハープも見かけたのに
聴きそこなって残念でした
筆不精&ペン長く持てないけど
お礼状は出さなきゃなぁ

同窓会の幹事長I田君から
デカーイ食パンをもらった
食パン
各椅子に袋に入って置いてあり
みんなの腰痛を気遣って
クッションかと勘違いした
当日ならご近所にお裾分けできるけど
ピザ風にしたり冷凍にしましょう
当分ukumusiベーカリーは休止だね

ビックリポンポン

今日の行動は
K子さんの友人A沼さんの奥さんの
Y子さんアッシーに甘えることになった

同窓のA沼君も故人になられ
ご主人同士が仲良しだったことで
K子さんもY子さんも親友
私はタイミングで抜けないと
邪魔になるかもと気を遣った

先ずはハーブ園でバラを堪能し
次に何とか共通のT田宅を訪問

T田君は同窓で昨夕お会いした
彼の奥さんがブラバンの後輩で
会いたかったのと
彼の絵を見たいと押しかけたのですが
ご夫妻の素晴らしいセンスで
まるで美術館の様な作品など
ビックリしてしまいました

足踏みのオルガンや古い時計
襖や欄間の素晴らしさ
ギターがあったので
弾いてとお願いして
一緒に歌ったり
Y子さんが古いピアノを弾いたり
アイスクリームを頂いて
暫しお喋りしてお暇した

お昼を三人でと誘ってもらい
未だ離れず図々しくお蕎麦屋
お蕎麦を食べながら
Y子さんの口から
「祝小学校でね」と出て
何と私の旧姓をフルネームで
ビックリです‼️
「それ私です」
「ヤッパリ似ていると思ってたのよ」
旧姓K崎Y子さんでした
4時間一緒に行動して判明
64年前の小学校6年生の
ほんの一年間しか会っていない
その後は音信不通の私

私とY子さんの繋がりは
短いけれどK子さんより以前
もう三人で涙を浮かべて感激
お互いに
「さっきまで気を遣ってたけど
そんな必要なかったね」

A沼君は超秀才で近寄りがたく
そんなスゴイ人の奥様と見てたので
美しいY子さんが小学校の同級生
予想も出来ません

家庭の事情でジプシーの様な私
たった一年間の私を覚えていてくれ
今夜は色々なことがよぎり
眠れないかもしれない

八王子でK子さんに別れる時
「あなたからの誘いの電話で
あり得ない出会いをありがとう」
固い握手で別れました

ぶどうの丘で同窓会

かいじ109のK子さんからメール
「5両目です」了解👌
塩山まで約一時間お喋り

本来なら同じC組の彼も一緒なのに
一昨年の秋に亡くなられK子さん独り
C組は二組もカップル誕生だったのです

再会を楽しみにしていたK林さんが
三月に急逝されたと聞き驚き

この学年でブラバンは
私一人が生き残りと思っていたら
隣の席にバリトンを吹いていたN田君
大人しくて目立たなかったけど
卒業後は建設関係で活躍され
仕事で海外や日本中を回ったそうだ

宿泊はK子さんと二人だけなので
お風呂に入ってきました
夜景が綺麗だよと言われていたので
露天風呂から眺めたら
本当に素晴らしい
色とりどりのボーリングのピンみたい

帰りにメガネをかけて見たら
光の点々が綺麗ではあるけど
目の悪い者の特権だねと笑った
プロフィール

ukumusi

Author:ukumusi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター